空き家を放置 固定資産税ってどうなる?

昨日、引っ越し前ブログで持ち家が空き家になったら固定資産税って増えるの?そんな事について書きました。

固定資産税の通知の中に入っていた「お知らせ」を本日よく読んでみると~~~~

空き家等所有者・管理の方へとなっていて・・・・

空き家を放置して管理してない場合の話です。

屋根や家、外構などが外側から見て壊れた部分がそのままになっている・・空き家に対してかな・・・。

「著しく危険又は悪影響があると市が判断した空家等の住宅について、市から勧告を受けた場合は、土地の固定資産税・都市計画税の住宅用地の特例が適用されなくなり、更地と同等の税額になる」って書いてありました。

しょっく.jpg





相続しても・・・

遠いからのまま放置・・・

家の状態がどうなっているのかわからない・・・・

そんな古い家でもしか突風などで屋根が壊れたなど・・・

知らないでそのままだと固定資産税がUPする恐れがあります。

空き家を持たれている人で、コロナで遠くて行けないって場合など、空き家の近所で誰かに管理して貰った方が無難かもしれません。

こんな通知が入ってくると・・・・空き家を持っている人は気になりますよね。

20190816162120.jpg





お知らせに細かく管理とは、家の修理、定期的に庭木の剪定、雑草の除草、敷地内のごみ、落ち葉等の掃除、ハチの巣が発生したら除去、町会や近隣に連絡さちを伝え、問題が起きた場合に連絡を取れるようにしておくって書いてありました。

市によって色々と違いがあると思いますが・・・・空き家に補助金が出る市もあります。

空き家解体費用の補助金やブロック塀の撤去費用の補助金、移住に伴う空き家の改修費用の補助金など・・・

空き家をお持ちの方は、その空き家の市で補助金などを調べておくと何かあった時に少々役立つかもしれません。

この記事へのコメント

ブログランキング参加中クリックして頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
オークションランキング