40歳以上の骨折には注意が必要。筋力低下

我が家のリフォームに来ていた大工さん。

他所の現場で、低い部分にある樋の修理を脚立に登って作業していたら、バランスを崩して脚立と一緒に倒れたそう。

かかとを複雑骨折。

他はどこも折れてなく異常もなかったそう。

muzkasii.jpg





かかと部分でも・・・複雑骨折すると大変です。

脚立から落ちた直後から、かかと部分が腫れて、腫れが引くまで手術が出来ないそう。

即入院で、10日後にやっと腫れが引いて手術。

そこからギブスで、かかとを固定して2週間。

ギブスが外れて、ようやく動けるようになったのはいいけれど・・・

左右の足を見たら骨折した方の太ももなんて・・・痩せて半分くらいになってたそうです。

それくらい筋肉が落ちてしまうみたいです。

usoyao.jpg





そうすると・・・体を支えるのも大変だし・・・

複雑骨折をしたかかとの部分もギブスで固定されていたので、筋などが固まって動きが最初物凄く鈍かったそう。

人間の体って・・・・2週間固定されてしまうと・・・そんなにも動かなくなるものなのか?

聞いてびっくりしました。

大工で40歳になったばかりかな・・・・外仕事をしている人でも・・・・そんな風になるのならデスクワークやまったく運動のしていない40歳以上はどうなるの???

40歳以上の骨折って大変なの??そんな風に思ってしまいました。

kininaru.jpg





骨折から1か月半経過した今は、杖なしのぎこちない歩き方ですが、骨折した方の太ももの筋肉も戻って来てるみたいで細い時の太ももに比べるとちょっと太くなったみたいです。

40歳になったばかりだから・・筋肉も戻りやすいのかもしれませんが・・・これが50歳以上だと・・・もっとかかるのかな??

年末になってきたので・・・・高い脚立に登って木の剪定や天井部分などの大掃除をする機会もあると思いますが、出来れば脚立は誰かに支えてもらってした方が無難かもしれません。

そしてね・・・金属の板やボルトが入っているので年齢に関係ないのかな・・・人によるのかもしれませんが寒いと病めるそうです。

この記事へのコメント

ブログランキング参加中クリックして頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
オークションランキング