水害などに何か用意してますか?よそのお宅が気になる。

毎日振り続ける雨に実家の母は、テレビがお友達。

テレビの内容は、いろんな所で土砂災害、河川の増水や氾濫、住宅の被害など。。。そういったニュースが多いのでそれを見るたび、親戚などいなくても同じ日本なので、物資は届いているのか。。。浸かった家はどうするんだろう?かと心配しながらテレビを見ているそう。

私もテレビを見ると同じ気持ちになり・・・少額ですが寄付しました。
寄付すると不思議な事ですが、ヤフオクなどで売れないな。。スランプに陥った時に、何故かその地方の方が買ってくれたりするんですよね・・・。しかも寄付してから数年も経過しているのでただの偶然ですが・・・・。

20190816162120.jpg





実家もどちらかというと。。。河川の増水、氾濫すれば危ない地域。
祖母が若い頃に家が胸まで浸かった事がある。
それ以降は、玄関くらいまでの浸水で済んでおりますが・・

私としては、実家周りで同じような雨の降り方をすれば。。。もう心配です。

実家で物凄い勢いで短時間に雨が降る事があり、膝丈くらいある側溝が溢れそうになる事はあるみたいですが、その後雨が弱まったりしているので大丈夫みたいです。

これが短時間じゃなく6時間とか続けば。。。きっとダメだろうな。。。と思っています。

降り始めて6時間の間にそんな避難など考えられるかな。。。

高齢者だけに(高齢者じゃなくても)判断力も疑うし、すでに浸水増水していれば。。。外に出る危険性もあります。

kininaru.jpg





とりあえずとして、トイレなどが逆流し始めてボコボコ音がするようになったら、どうやって対処するかテレビでやってた?と聞いたら。。。

「自分が見ている時間にそんな対処の仕方は言っていない。どうするの?」って聞かれたので・・・

大きなゴミ袋に3分の1くらい、自分が持てる程度の水をいれて、水が漏れてこないようにしっかり締めて、トイレのボコボコいっている水の上に置くと重さでしばらくは、そこから水が溢れてくる事が防げるって教えました。

トイレは使えないから、ビニール袋などトイレ用に何か用意する必要があるって事も付け加えて。

そして玄関にとりあえず、簡単に持てる程度の衣類タオルや飴、小さなペットボトルなどだけでも用意して、さっと避難出来るようにして置く方が無難だとも伝えました。(これは台風が終わるまで)

地震ではそんな物を持って出る余裕がないかもしれませんが・・・雨なら事前に用意しておけば、すぐにそれを持って避難が出来る。

今までにないような、水害がこれからも続くかと思うと・・・

高齢者でも梅雨から秋までくらい浮き輪や浮かぶような水辺で遊ぶ物を膨らませて2階など保管できる場所に置いておく方がいいのかな・・・・そんな風にも思いました。

そんな簡単に瞬時で膨らむようなエアバッグじゃないですが・・・そういう水に浮かぶグッズももしかしたら・・・これからは売れる?

robotto1.jpg





コロナでも沢山のアイディアグッズが登場してました。

もしかしたら。。。水害用のそういう避難グッズも出て来ているのかな・・・

草木などの伸びが雨で早いのもあり・・・雨が多いと腐りかけてる木は、山の中で倒れたりしますよね・・・それでか・・どうか・・わかりませんが、水害のない地域でも停電が結構あったりします。

簡単に復旧が出来れば問題ないですが、復旧が難しい場合は、家は水害ないけれど停電が続く事もある。

電池で動かせる扇風機なども今はあります。天気が良ければ充電する装置・・・ソーラー充電のグッズなども。

こうした物は、水害に関係のないお宅でも・・・もしかの時に備えが必要かな?って・・・

自分の所もそうですが、ちょっと気になっている商品です。

どれくらのお宅が水害の時に何を用意しているのかな・・・そんな事も気になります。

最近書いた記事


こくみん共済coop(全労済) 住まいる共済(火災共済・自然災害共済)について知らなかった事。



この記事へのコメント

ブログランキング参加中クリックして頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
オークションランキング