中古住宅買う時に注意が必要。裁判になる事も・・・。

2回中古住宅を購入しましたが、売り主さんがいい方ばかりでしたので問題なく2回とも購入して住みました。 でもね・・・・揉める所は揉めるみたいです。 聞いた話ですが・・・・不動産屋さんの仲介で購入したけれど、売り主が一般の方ではなくって自営業みたいな感じの方。 リフォームなどの自営業をされている方だったみたいで、売る物件に対しても「こことここを修理して貰えれば購入する」っていう形で買ったのかな?? 細かな部分まで詳細がよくわからないのですが・・・。 売り買いする時も、修理にかかる部分を修理してから支払う形の後払いという形でされたみたいです。 そうしたら・・・・完全な修理の仕方ではなくって・・・雑雑。 屋根の塗装なら、半分だけしか塗っていないとか・・・室内も雑雑な形の修理だったそう。 それで引き渡しを言われて・・・そんな中途半端な修理ではお金を払えないって事で払ってないそう。 もちろん売り主はそれ以上の修理はせずに、お金だけの請求です。 お金が払ってもらえないって事で、裁判になったそうです。 一般の人から・・・裁判で言われた嫌っていうのもあり・・たぶん裁判って言ったら払うだろうと思ったみたいです。 自営業だけに・・・そういった点はいろいろ知ってみえるのかな・・・。 修理が雑雑と中途半端な終了では、それは払う必要がないって事で、裁判中みたいです。 中古…

続きを読む

ブログランキング参加中クリックして頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
オークションランキング